ぶる∞ぼや

海が好き。モルディブが好き。旅行が好きな私のまったり日記。

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記⑳【JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイへ】

▼前の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

 

入国からホテルまで 

 

 

 ドバイで入国審査を受け、審査場を出たところにモルディブと同じように旅行会社の方が待っていてくれました。

 

その方から、ドバイ旅行のこれから流れを聞いたのですが、説明がとっっっても早くて・・・。

ホテルまでの送迎について、ツアーの案内、ホテルの案内、ホテルチェックインの案内、チェックアウトの案内、・・・・などなど、沢山のことを一気に聞き、私の頭の処理能力が遅くてついていけない・・・。

最後に

「今の説明でわからなかったところはありますか?」

と聞かれたのですが、わからないところがわからない状態。

 

一瞬間があり、

「わからなかったら、これに書いてあるんで後で見てください。電話番号はここに書いています」

と、分厚い封筒を貰いました。ずっしり。

 

説明を受けている間、隣にもう一人、何も喋らない方が居て『研修か何かなのかな?』と思っていたら、ホテルまで送迎してくれる運転手さんでした。

 

その無口な運転手さんについていき、車に乗ります。

どこのだったか忘れましたが、日本車でした。

ホテル「JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ」に向かったのですが、周りの車も日本車が多かったです。人気なんですね~。

 

ホテルに向かう途中で見えた世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」

f:id:blue-traveler:20190330220453j:plain

 

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイに到着

  

しばらくしてホテルに到着しました。

f:id:blue-traveler:20190330220452j:plain

このホテル、宿泊施設だけの建物としては一番高いんだそうです。

 

天井が高くて、広々とした高級感あるフロントでチェックイン。

カウンターの数が多いので、待つことなくすぐにチェックイン出来ました。

f:id:blue-traveler:20190330220455j:plain

皆黒のスーツでビシッ決めていてカッコいいです。

 

私たちの部屋は45階のB4503号室でした。デラックスルームらしいです。

f:id:blue-traveler:20190330220450j:plain

 

お部屋紹介

 

部屋の中はモダンな感じ。広々たお部屋です。

 

 大きくてフカフカなベット。

f:id:blue-traveler:20190330220442j:plain

 

 作業机

f:id:blue-traveler:20190330220443j:plain

 

ミニバーとクローゼット。

キャリーケース2つ置けるくらい大きなスペースもありました。

f:id:blue-traveler:20190330220444j:plain

 

くつろぎスペース

f:id:blue-traveler:20190330220448j:plain

 

バスルーム

床は大理石です。ゴージャス!

f:id:blue-traveler:20190330220445j:plain

 

アメニティ

f:id:blue-traveler:20190330220449j:plain

 

ちゃんとシャワー室もあります。

f:id:blue-traveler:20190330220447j:plain

 

照明やエアコンなどのオン、オフはipadのような機械でするんです。最先端って感じ・・・!

f:id:blue-traveler:20190330220454j:plain

 

着いたばかりだし、ゆっくりしたいところでしたが急いで出る準備をします。

ホテル内に「LA FARINE(ラ・フィーヌ)」というカフェ&ベーカリーがあり、そこに行きたかったんです。

私が頼みたいメニューは18時までらしいので、時間が無い!

そのとき既に17時半を過ぎていて、急いで着替え、スーツケースは開けっ放し、荷物は散らかり、服は脱ぎっぱなしとだらしない状態で部屋を後にしました。

(後から後悔することに・・・)

 

f:id:blue-traveler:20190330220456j:plain