ぶる∞ぼや

海が好き。モルディブが好き。旅行が好きな私のまったり日記。

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記㉚【ラクダに初めて乗りました♪】

前回の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

 

バブ・アル・シャムス・リゾート&スパでは、毎日行われるアクティビティがありました。

 

「ラクダ乗り体験」と「ファルコンショー」です。

 

これがなんと無料です。嬉しいサービスでした♪

 

16:30にメインプールの横で待ってると遠くからラクダがやってきます。

この時間になってもドバイは暑いです。

 

見えてきた~。

f:id:blue-traveler:20190814215745j:plain

 

集まった方たちの前で一旦座り、皆写真撮影です。

f:id:blue-traveler:20190814215804j:plain

 

私たちもラクダと一緒に撮ってもらいました。

f:id:blue-traveler:20190814221258j:plain

 

スタッフに名前とルームナンバーを伝え、皆順番に乗っていきます。

f:id:blue-traveler:20190814215914j:plain

 

もちろん私たちも乗せてもらいました。

座っているラクダに足をグイッと上げて乗るのですが、すごく高くて私も夫も足をつってしまい、スタッフに笑われながらもなんとか乗れました。

そして、ラクダが立ち上がるときと座るときに体が斜めになるのがとても怖かった・・・!

だけど、乗ってしまえば快適でした♪

 

このラクダ体験、くるっと一周するだけなので乗っている時間は多分2、3分です。

その間にラクダに乗っている写真を撮ってくれるスタッフがいて、降りたら撮った写真を見せてくれます。

そしてその中で欲しい写真があったら購入するシステムです。

値段は忘れてしまいましたが、なかなかなお値段。

ですが、記念なので1枚頼むとその日の夜にはバブ・アル・シャムス・リゾート&スパの素敵なフォトフレームに入った写真が出来上がっていました。

(A4くらいのサイズでした。大きくてビックリ。)

 

ファルコンショーもラクダ体験の横で行われていました。

ショーなので、飛んだりするのかと思いきや腕に乗せてもらうくらいでした。

 

スタッフが乗せてくれます。

f:id:blue-traveler:20190814221318j:plain

 

乗せてもらってニンマリしている私。

f:id:blue-traveler:20190814221419j:plain

 

貴重な体験でした。日本ではなかなか触れ合えないですよね。

 

1時間くらいでアクティビティが終わり、私たちは夕日が落ちるまでの時間を屋上ラウンジで過ごすことにしました。

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記㉙【 バブ・アル・シャムズ・デザート・リゾート&スパ内の様子】

前回の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

今回は、バブ・アル・シャムズ・デザート・リゾート&スパを紹介していきます。

 

リゾートの敷地の中に入って、しばらく進むと正門が見えきます。

どっしりと構えている感じがかっこいい。

門の両端にはヤシの木が元気に生えていて、砂漠の中にあるとは思えない景色です。

f:id:blue-traveler:20190729235748j:plain

 

中に入ると車が回れるようにロータリーになっていて、その奥に入り口が見えてきました。

f:id:blue-traveler:20190729235914j:plain

f:id:blue-traveler:20190729235937j:plain

玄関すぐ横の休憩所です。(喫煙所なのかな・・・?)

f:id:blue-traveler:20190801223501j:plain

 

中に入るとすぐ右側にこんなスペースが。

f:id:blue-traveler:20190728001458j:plain

この方たち、ドバイのいろんなところに飾られていたのですが、どなたなのでしょう・・・。

(無知ですみません。。。)

 

受付

f:id:blue-traveler:20190801232650j:plain

 

受付を済ませて奥に進むとオシャレな空間が続きます。

お城みたいでテンションが上がります♪

f:id:blue-traveler:20190801232708j:plain

f:id:blue-traveler:20190801223646j:plain

 

館内には休憩できるようなスペースが沢山ありました。

f:id:blue-traveler:20190728001437j:plain

 

照明がアラビアンな感じ♪

f:id:blue-traveler:20190728001405j:plain

 

うっとり・・・。

f:id:blue-traveler:20190801223628j:plain

f:id:blue-traveler:20190801223559j:plain

 

そうそう、館内には小さい売店があり、ラクダのぬいぐるみとか、ドバイっぽいものが沢山ありました。

f:id:blue-traveler:20190801232555j:plain

 

外もおしゃれ空間が広がっています。

ただ、外のソファ等は日中は日差しで熱すぎて座れません。。。

f:id:blue-traveler:20190801232622j:plain

f:id:blue-traveler:20190801223436j:plain

 

メインプールです。

f:id:blue-traveler:20190801223352j:plain

私たちはモルディブで沢山泳いできたし、それよりリゾート内を探索したくて、足だけ少しつかって後にしました。

泳いでいる人は一組、二組とかで、広々使える感じでした。監視員の方が多いような。

 

こちらはメインプールの横にある、小さい子供も入れる浅いプール。

f:id:blue-traveler:20190729235419j:plain

 

 プールの周りにある赤のサマーベッドやパラソル、テーブルなどが砂漠やプールによく映えます。

ここでは、お酒や軽食を頼めるみたいです。

プールを眺めながらゆっくりしたかったな・・・けど、じっとしてるのがなんだか勿体ないって思っちゃうんですよね~。

f:id:blue-traveler:20190729233129j:plain

 

ここはプールでは無く、観賞用ですかね・・・? 

f:id:blue-traveler:20190729225311j:plain

 

こんな大きなチェス盤とチェス駒もありました。

ルールを知っていればやりたかった~。

f:id:blue-traveler:20190729225045j:plain

 

急に現れたラクダの銅像。

f:id:blue-traveler:20190729224925j:plain

 

こちらはイタリア料理のレストラン「Le Dune」

f:id:blue-traveler:20190728001820j:plain

 

夜になるとライトアップされて、ロマンチックな雰囲気♪

f:id:blue-traveler:20190630214509j:plain

 

こちらは屋上ラウンジ。

営業時間は16時からです。

f:id:blue-traveler:20190728001728j:plain

 

f:id:blue-traveler:20190801232536j:plain

f:id:blue-traveler:20190728001551j:plain

 

屋上ラウンジからプールが見渡せました。

遠くの方は砂漠だけなのに、ここだけ別世界。砂漠の中のオアシスですね♪

f:id:blue-traveler:20190728001711j:plain

 

どこを撮ってもアラビアンな雰囲気で写真映えします。

f:id:blue-traveler:20190729224802j:plain

f:id:blue-traveler:20190729232610j:plain

f:id:blue-traveler:20190728001335j:plain

 

夜も夜で本当に綺麗。。。f:id:blue-traveler:20190630214235j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214340j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214149j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214530j:plain

 

結構グルグルと一日中周ったのですが、とても広く、入り組んだ造りになっていて、そして部屋の造りも良く似ているので、いつもいつも迷っていました。

夫に「いつになったら自分の部屋覚えるの?一人で出歩けないね。」と若干あきれられていました(汗)

 

ざっくりでしたが、リゾート内の紹介でした♪

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記㉘【Al Forsanでの朝食 】

前回の記事

www.blue-traveler.com

 

 

次の日、早くに目が覚めて部屋のテラスから外へ。

f:id:blue-traveler:20190703224935j:plain

 

砂漠の向こう側から顔を出した朝日を出していました。

f:id:blue-traveler:20190703223409j:plain

 

何日か前までは水平線からの朝日を見ていたので、なんだか不思議な感じです。

 

何も履かずにそのまま出てみると、昼間の暑さからは考えられないくらいヒンヤリ。。。

 

外から見た「バブ アル シャムス デザート リゾート」

f:id:blue-traveler:20190703223427j:plain

 

そして、朝食を昨日の夜と同じAl Forsanへ食べに行きます。

朝も全部食べれないくらいの種類が置いてあってびっくり。

オムライスや目玉焼きなどの卵料理をその場で作ってくれる方が居て、焼き立てを食べられます。

f:id:blue-traveler:20190703223447j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223505j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223521j:plainf:id:blue-traveler:20190703223558j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223542j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223722j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223705j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223637j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223821j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223739j:plain

f:id:blue-traveler:20190703223934j:plain

 

外を眺められる一番外側のテラス席に案内してもらいました。

f:id:blue-traveler:20190703223916j:plain

 

丁寧にお手入れされているお庭を見ながらゆっくりご飯です。

f:id:blue-traveler:20190703223858j:plain

 

f:id:blue-traveler:20190703223840j:plain

 

ここを見ていると砂漠の中に居るのが嘘みたいですよね。

 

朝食を狙って近づいてくる小鳥が多くて、少し目を離した瞬間にクロワッサンを持っていってしまいました。

頭いいな~。

 

お腹いっぱいになり、お部屋に戻ります。

この日は終日ホテルの中で過ごすので、この後はホテル内の散策です。

 

そして前回朝のお部屋の雰囲気が夜と違うとお伝えしたのですが、写真を見返してみるとあんまり映していないことに気付きました。ショック。

 

けど一枚だけあった写真。

f:id:blue-traveler:20190703224917j:plain

 

f:id:blue-traveler:20190612225036j:plain

 

なんかうまく表現が出来ないのですが違いますよね。伝わるといいな。

 

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記㉗【Al Forsanでのディナーと夜のお部屋紹介】

こんにちは、あずさです。

 

相変わらずのノロノロ更新で、このモルディブ&ドバイ旅行記も書き始めてから半年以上たっているのに終わらないです・・・(´;ω;`)

来月台湾に行くので、それまでには書き終わると良いな。

 

さて、ドバイ旅行の続きです。

 

 

前回の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

Al  Forsanでのディナー

 バブ・アル・シャムズ・デザート・リゾート&スパにはレストランが5つありました。

 

・アラビア料理レストラン「Al Hadheerah」

・イタリア料理のレストラン「Le Dune」

・屋上ラウンジ「Al Sarab」

・終日ダイニング「Al Forsan」

・インド料理レストラン「Masala」

 

色んな国の料理が食べれるんですね~。

 

ただ、私達は今回の旅行に元々ついていた、終日ダイニング「Al Forsan」でディナーです。

 

お部屋を出て、迷路のようなホテル内をグルグル歩き回り・・・

f:id:blue-traveler:20190630214221j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214255j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214436j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214149j:plain

f:id:blue-traveler:20190630202957j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214530j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214235j:plain

f:id:blue-traveler:20190630214355j:plain暗闇の中で光る照明にうっとり。

 

 

そしてやっと到着です。

f:id:blue-traveler:20190630214206j:plain

 

ビュッフェ形式のディナーでした。

f:id:blue-traveler:20190630203117j:plain

f:id:blue-traveler:20190630203057j:plain

f:id:blue-traveler:20190630203021j:plain

 

写真が無いのですが、この他にパンコーナーや、汁物、ケーキなどのデザート、注文してから作ってくれる魚やお肉など、一日じゃ全部食べ切れないくらいの種類がありました♪

 

私のお気に入りはこのスープ♪

f:id:blue-traveler:20190630203136j:plain

チキンスープだったと思います。

美味しすぎて、2回もおかわりしちゃいました♪

 

ご飯を食べ終わり、部屋に戻ってきました。

f:id:blue-traveler:20190630214326j:plain

f:id:blue-traveler:20190630202844j:plain

このお部屋、夜と朝では全然雰囲気が違います。

夜はアラビアンな感じが増す感じがする・・・。

 

お部屋紹介

 

ベッドルーム

f:id:blue-traveler:20190630202546j:plain

f:id:blue-traveler:20190630202422j:plain

f:id:blue-traveler:20190630202510j:plain

 

ウェルカムフルーツとシャンパンが置いてありました。嬉しい~♪

f:id:blue-traveler:20190630202801j:plain

 

トイレとバスルーム

 

f:id:blue-traveler:20190630202742j:plain

 

バスルームもデコレーションされていました♪

f:id:blue-traveler:20190630202822j:plain

 

洗面台

f:id:blue-traveler:20190630202626j:plain

 

トイレ

f:id:blue-traveler:20190630202709j:plain

 

トイレまで絵になりますねぇ。。。うっとり。

 

朝のお部屋はまた次回、見てもらえたらなと思います♪

 

次の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

 

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記㉖【ヘリテージビレッジ散策~砂漠リゾートへ】

前回の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

 

シェイク・ザイード・グランド・モスク ⇒ エミレーツパレス(ちょっこり) ⇒ マリーナモール に続いて次に到着したのは

 

「ヘリテージビレッジ」でした。

f:id:blue-traveler:20190612225024j:plain

 

ここは昔のドバイの家や生活などを再現した場所なんだそうです。

30分くらいあったら全部周れるくらいの広さでした。

 

ガイドさんから集合時間を言われ、それまで自由時間です。

 

昔の家f:id:blue-traveler:20190612225038j:plain

 

家の中

f:id:blue-traveler:20190612225028j:plain

 

形がオシャレな噴水(?)

f:id:blue-traveler:20190612225026j:plain

 

鳥がいたり

f:id:blue-traveler:20190612225025j:plain

 

ラクダも居ました

f:id:blue-traveler:20190612225037j:plain

 

写真を撮り忘れてしまったのですが、民芸品を売っているお店が並んでおり、そこでオシャレなストールを発見♪

本物かよくわからないですが、シルクのストールが1600円くらいで買えました♪安い♪

なめらかな肌触りで、とっても気持ち良く使えるのでお気に入りです♪

帰ってきてから、もう一枚買っておけば良かったなぁ~と後悔しています。。。

 

そして、端の方に行くと海が見えてきました。

f:id:blue-traveler:20190612225032j:plain

海を見ると癒される~(*´꒳`*)

 

集合時間になり、また車に乗って移動します。

予定の場所はもう周ったし、あとはホテルに帰るだけだ~と思っていたら、どこかのお店に立ち寄りました。

絨毯とかドレスなどを売っている小さなお店です。

絨毯は糸に金が入っているらしい・・・。

どこかのお城に敷いていそうな絨毯ばかりです。

お店の方が絨毯にライターの火を近づけても燃えません。凄い!

けど、小さな絨毯でもそこそこのお値段がするし、私の家では浮いちゃうな。。。ということで、何も買わずにお店を後にしました。

 

車は私たちが最初に合流した場所に停まり、そこで車を降りました。

一緒に周っていた他のお客さんに挨拶をし、最後まで私たちの面倒を見てくれたガイドさんにお礼を言ってお別れしました。

 

そして、今度はホテルまで連れて行ってくれる運転手さんの車に乗り、16時過ぎにJW・マリオットマーキスのホテルに到着。

 

朝からずっと動きっぱなしで、ちょっとお疲れモード。

部屋でゆっくりしたいところですが、もうチェックアウトをしているので部屋には戻れなく、ホテルの休憩スペースのようなところで休んでいました。

 

あと1時間もしないうちに、また先ほどの運転手さんが迎えにきてくれ、次は砂漠リゾートに向かうのですが、それまでここに居るのもなんだかなぁ・・・と思い、外に出てみることにしました。

 

近くに駅があったはず・・・

と歩いて行くと見えてきました。

f:id:blue-traveler:20190612225034j:plain

不思議な形をした駅ですね。

 

中に入るとこんな感じでした。

f:id:blue-traveler:20190612225035j:plain

今回のドバイ旅行は、移動がすべて車だったので一度は乗ってみたかったなぁ。。。

 

時間が近づいてきて、ホテルに戻ると運転手さんがすでに待っていてくれました。

ホテルで預かってもらっていた荷物を車に載せて、砂漠リゾートに向けて出発です。

 

砂漠リゾートはアブダビにあり、先ほどまでツアーで滞在していた方面に車は向かっていきます。

この往復の時間がもったいないなぁと思い、(ホテルに荷物を取りに来ただけなので)なんとかならないか事前に旅行会社の方に相談したのですが、無駄が無いようにすると色々と追加でお金がかかるよ、とのことで諦めました。

 

2時間ほど車に乗って、太陽も完全に沈み真っ暗な中、やっと砂漠リゾートに着きました。

それが

 

「バブ・アル・シャムズ・デザート・リゾート&スパ」

 

です。

 

すぐに部屋に案内してくれました。

 

こんな素敵なお部屋です・・・!(*≧∀≦*)

f:id:blue-traveler:20190612225036j:plain

 

疲れてクタクタだったけど、一気にテンションが上がっちゃいました。

 

床から天井まで石造りのお部屋で、外は暑いのに中はヒンヤリ。。。

写真奥のソファの配置とか、照明から漏れた光が素敵模様になって壁に映っています。。。

素敵すぎる~~(*≧∀≦*)

夫なんて

「ダンジョンみたい!すごい!」

とモルディブのときよりテンションが高いです。

 

これから夜ご飯を食べにレストランに向かいます。

 

ワクワクがとまらないです(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

次の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記㉕【ひょっこり エミレーツパレス~マリーナモールでの昼食】

 

前回の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

シェイク・ザイード・グランド・モスクを後にし、車に乗り込みました。

 

走る車内ではガイドさんが何やら色々と話していますが、英語なので全く聞き取れず、ひたすら外を眺めます。

 

それにしてもドバイは建物が高いです。

そしてデザインが面白い。

f:id:blue-traveler:20190607002048j:plain

f:id:blue-traveler:20190607002049j:plain

 

と、車が停止して何人かが車を降りていきました。

車に残っている人も居て、私たちはどうしたら良いのかわからず、とりあえず車を降り、ついていくことにしました。

 

エミレーツパレス

 

向かっているのがこちら。

f:id:blue-traveler:20190604215415j:plain

有名なエミレーツパレスです。

 

このホテルのカフェラウンジ「ル・カフェ」にある金粉入りカプチーノが飲みたいと思っていたの♪

このツアーで来れるなんて思ってなかったからラッキー♪

って思いながら、この長いホテルまでの道を歩きました。

 

中に入ると、どこを見ても金色です。

f:id:blue-traveler:20190604215416j:plain

f:id:blue-traveler:20190604215417j:plain

f:id:blue-traveler:20190604215418j:plain

ゴージャス!

 

そして、ガイドさんと一緒に歩いていたファミリーはレストランに入っていきました。

さぁ、私たちもそのレストランに入るのね・・・と足進めると、ガイドさんに止められ、そして同じようについて行ったカップルも止められています。

ガイドさんが何かを言いながらまた歩き出し、着いて行くとホテルの外に出て、先ほど乗っていた車に戻ってきました。

 

あれ?

 

よくわからないまま、車はまた動き出し、次は別の場所で何組か降りていきました。

車に残ったのは、先ほどエミレーツパレスに一緒に入って戻されたカップルと私達だけです。

 

何故?

 

マリーナモール

  

また車は動きだし、次に止まったところはマリーナモールでした。

f:id:blue-traveler:20190604215422j:plain

ここで私たちとカップルはやっと車に降りました。

 

そしてガイドさんの話をよく聞いて、やっとわかったんです。

皆がバラバラに車を降りていったのは、昼食を食べる場所が違うから。

多分、コースがあって選べたんだと思います。

指定が無い場合はこのマリーナモールの中の飲食店で自由に食べてね、ってことなんだと。

なるほど~。

私達、何も食べないのにエミレーツパレスの中に入っちゃって、恥ずかしい。。。

 

まっ!間違わなければ中を見ることも出来なかったし、良いでしょう♪

 

そう思うことにして、マリーナモールに入店しました。

お店に入ってすぐの天井装飾がとても綺麗でした。

f:id:blue-traveler:20190604215427j:plain

 

ガイドさんが2階にフードコートがあると言っていたなぁ…と、2階に上がると大きなフードコートを見つけました。

f:id:blue-traveler:20190604215425j:plain

 

何店舗かある飲食店の中から私達が選んだのはバーガーキングです。

f:id:blue-traveler:20190609204210j:plain

f:id:blue-traveler:20190604215424j:plain

 

ご飯を食べて、店内をウロウロしていたら、集合時間が近づいてきました。

 

集合場所は先ほど車を降りたところ。

行ってみると私たちと一緒に車を降りたカップルが居ました。

 

そこから見える大きな観覧車。

f:id:blue-traveler:20190604215426j:plain

 

外はすごく暑いので、店内の出入り口付近で冷房にあたりながら車を待つことにしました。

だけど・・・集合時間になっても車がきません。

30分位過ぎても来ない・・・。

どうしたんだろう、と思っていたら一緒に待っていたカップルがツアー会社に連絡を取ってくれたようで、私たちに

「車が遅れているらしい。あと30分後に到着予定だそうです」

と教えてくれました。

(なんとか聞き取れました。汗)

 

カップルにお礼を言い、また店内で待つことに。

 

そして30分後、やっと車が迎えに来てくれました。

ガイドさんが言うには、別場所で昼食をとっていたお客さんの滞在時間が延びてしまって、お迎えが最後の私達は大幅にずれてしまったそうです。

まぁ、しょうがないですね。

一瞬置いて行かれたのかと思ったので、来てくれて良かったです。

 

さぁ、気を取り直してまた次の場所に向かいます♪

 

次の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

2018年3月 モルディブ&ドバイ旅行記㉔【シェイク・ザイード・グランドモスク】

 

前回の記事はこちら

www.blue-traveler.com

 

JWマリオットマーキスの朝食

 

朝になり、朝ごはんを食べに行きます。

朝食は「kitchen6」という会場で頂きます。

 

45階から2階まで一気に下に降りていくエレベーター。

一瞬フワッと体が持ち上がる感覚が苦手です、私。

 

2階に到着するとすぐに朝食会場がありました。

ここは朝6時〜11時の間開いていて、ビュッフェ形式での朝食です。

 

中はものすごく広いです!あんなに広いのは初めてでした。

そして私達は7時半過ぎに行ったのですが、そこそこ混んでいました。

 

どこでも好きな席に座れるスタイルで、テーブル席とカウンター席があったのですが、テーブル席はどこも空いてない感じ。

なのでカウンター席で食べることに。

 

この日はモスクなどに行くツアーに参加することになっていて、お迎えの車が8時半~8時45分の間に来るとのことだったので、ぱぱっと済ませました。

 

 ご飯を食べ終わり、一度部屋に戻って支度をし、時間になったので1階のロビーに向かいます。

下に降りると迎えの方が待っててくれていて、車まで案内してくれました。

 

その車に乗って、少し進むとどこかの駐車場に止まりました。

そこで待ってくれているツアーの車に乗り換えます。

私と夫が乗り込むと、ツアー参加者が皆揃っていてすぐに出発でした。

日本人は私と夫の2人だけで、他は欧米の方が多かったです。

 

ガイドさんも英語で話していて、ほとんど何を言っているかわからなかったです。

集合時間とかも早くて聞き取れず、毎回聞きに行っていました。

けれど、嫌な顔せずいつも親切に教えてくれたので最後まで楽しく過ごすことが出来ました。

 

シェイク・ザイード・グランドモスク

 

そして、ずっと来たかったモスクに到着です!

このモスクは世界で8番目に大きいとか!

そして、モスク内の床に敷かれたペルシャ絨毯とシャンデリアが世界一大きいらしいです。

 

入場するのに、ガイドさんがツアー客の服装のチェックをしてくれます。

イスラム寺院に入るので、イスラム教を尊重し、肌が出るような服装はダメです。

なので、ちゃんと長袖、ストール、靴下を持って行きました。

サンダルに靴下・・・変だけれど気にしない。

f:id:blue-traveler:20190521001009j:plain

もし、忘れてしまっても無料で長いワンピースのような服を貸してくれるようです。

 

その後、男女別になりセキュリティチェックを受けて中に入りました。

 

 中に入ると真っ白なモスクが目の前に!

f:id:blue-traveler:20190513225623j:plain

 

モスクに入るときは靴置き場があり、そこで靴を脱いで入りました。

 

入ってすぐに目に広がるこの景色!

f:id:blue-traveler:20190513225624j:plain

真っ青な空と良く合っていて、とっても綺麗です。

そして圧巻の大きさ。

 

この写真に誰も映ってないですが、人が居ないのではなく、パーテーションで仕切られていて入れないようになっていました。

私たちは周りの通路を歩いて周ります。

f:id:blue-traveler:20190513225625j:plain

 

ドームの中に入ると、壁に花の絵が描かれていました。

そして天井にはシャンデリアが。

f:id:blue-traveler:20190513225626j:plain

f:id:blue-traveler:20190513225627j:plain

f:id:blue-traveler:20190513225630j:plain

 

そして、下のは世界一大きなシャンデリアだそうです。

f:id:blue-traveler:20190513225633j:plain

f:id:blue-traveler:20190513225631j:plain

床は世界一のペルシャ絨毯、壁も天井も装飾が豪華です。

あまりにも凄すぎて、しばらくそこで見入ってしまいました。

 

窓ガラスや扉まで、花模様があしらわれています。

どこを撮っても絵になりますね。

f:id:blue-traveler:20190513225634j:plain

f:id:blue-traveler:20190513225632j:plain

 

そして壁に謎の時計が。

これはその日の礼拝時刻なんだそうです。

時計すらもお洒落。

f:id:blue-traveler:20190513225629j:plain

 

だいたい1時間ちょっとで全体を周ることが出来ました。

私の語彙力ではうまく伝えられないのが悔しいですが、本当に美しくて、来て良かったなと思えた場所でした。

 

プチハプニング

 

 モスクから出るとき、最初に入ったセキュリティゲートのある部屋(小屋?)から出るのですが、夫がなかなか出てこなくて、何かあったのかとヒヤヒヤしました。

しばらくして出てきた夫に話を聞くと、モスクに入る際にタバコを持ち込めないので用意されていた箱に入れたらしいんです。

他の方たちも皆同じ箱に入れて入れるようになっていたらしいのですが、出るときに見たら無くなっていたとのこと。

夫は結婚してタバコを辞めたのですが、

「この旅行の間だけモルディブの海や、ドバイの砂漠を見ながら吸いたい。」

と言って日本で1箱だけ買っていたんです。

もうそんなに本数も残っていなかったらしく、

「他の国のタバコはいっぱいあったのに・・・日本のタバコは人気なのかな・・・」

と、しょんぼり。

  

行く際には、持ち込み禁止な物をちゃんと確認しないといけないですね。

もし持って行くなら、無くなるかもしれないという覚悟を。

 

f:id:blue-traveler:20190513225636j:plain

 

そして、また車に乗り込み次の場所を目指します。

 

次の記事はこちら

www.blue-traveler.com